プロミスのおまとめローンの審査に通らないときの原因

プロミスのおまとめローンの審査に通らないときの原因として、収入面で信用が得られていないことが考えられます。プロミスは消費者金融なので通りやすいと考えてしまいますが、おまとめローンを利用するのは複数の借り入れをして困っている、計画的な利用をできていない人物になるため、通常のカードローンと比べて最初からマイナスの印象を持たれるので厳しくなります。
プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になりますが、おまとめローンなどの有利になる借り換えでは例外として年収の3分の1を超える借り入れができます。しかし、これは法律上の話であり、実際には希望額が高くなればなるほど通りにくくなります。公務員のような安定した収入が見込めている場合は高額の借り入れもできますが、契約社員や派遣社員などは落ちやすくなります。
また、プロミスのおまとめローンでも個人信用情報機関の記録を参照して融資しても良いか判断するため、返済の遅延や債務整理などの異動情報があれば審査に通りません。なお、過払い金返還請求するときはタイミングに注意しなければなりません。おまとめローンは過払い金も含めて借り換えてしまうことになりますが、残高を減らそうとして借り換え前に請求するのは厳禁です。過払い金返還請求は処理上は債務整理として扱われ、引き直し計算で残高がなくなった場合に債務整理の記録がなくなります。残高が残れば記録は消えないため、この状態でおまとめローンに申し込むと通らなくなります。借り換えた後であれば元の借り先は完済しており、これに対する請求は債務整理にはならないので、デメリットなく過払い金を取り戻せます。