金利が低い銀行のキャッシング

キャッシングと言えば、大手消費者金融のサービスだと思う人が多いでしょうが、実は銀行でも提供しているサービスです。メガバンクともなると、多くの人がお金を預けるところ、というイメージを持つでしょうが、お金を預かって少ないとはいえ利息を払っているだけでは当然商売は成り立ちません。広く客から預かったお金を企業などに貸して、その利息が銀行の利益となっています。企業や自営業者など、主に事業者に対して貸し付けますが、個人向けにも融資を行っています。それがキャッシングやカードローンといったサービスです。
消費者金融のそれと何が違うのか、審査や総量規制の対象の有無などにも違いがありますが、金利が低い、という点も大きな違いです。貸金業者の年利は、実は法律で上限が決められているのですが、消費者金融はほとんどが上限ギリギリの利率に設定しています。利用する人が最も多い10万~100万円は18%が一般的で、銀行なら10%台前半から、1桁台ということも珍しくありません。
お金を借りるにあたっては金利が安いに越したことはありませんので、銀行のキャッシングサービスは是非とも検討したいところです。しかし、消費者金融にもメリットはあります。代表的なメリットは審査が早いことですが、ほかにも銀行に比べると審査が甘い傾向があります。低金利のサービスと同じ審査基準にしていては、誰も消費者金融を利用しなくなります。審査の厳しいサービスで断られる客の受け皿となっている部分もあります。